« 書評--地球着陸を目前に控えて | トップページ | 書評--断捨離 »

2016年8月 5日 (金)

書評--内観―こころは劇的に変えられる

内観―こころは劇的に変えられる
横山 茂生  (著), 長島 美稚子  (著)
\1300 法研
内観とは
1.世話になったこと
2.して返したこと
3.迷惑をかけたこと
をテーマにずっと見つめる。
割合は1、2、3でそれぞれ
2割:2割:6割
具体的には1週間の研修所で、半畳ほどのところにすわり、
最初の日は母親について、上記の1~3、
次の日は父親、その次は・・、と自分の人生に関係の深い人をみていく。
20歳そこそこの場合は「養育費」計算というのもある。
学費・食費・光熱費・服飾費・医療費・旅行など、すべての費用を計算する。
実際には予想をはるかに上回り、¥2000万を超える場合も相当ある、とか。
心因性の病気にはそれなりの効果が期待できそうで、それぞれの体験者のエピソードもある。
===========
さて、「内観」で検索すると、たくさんの書籍が出てくるが、この本は、特に指導者がいなくても一人でもできる、ということで、試しやすいだろう。
上記、1週間の研修というのは特に、必要条件ではなさそうです。
お勧め度★★★☆☆
「内観研修所」で検索するとそれぞれの地域の研修所がわかる。

« 書評--地球着陸を目前に控えて | トップページ | 書評--断捨離 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/64015628

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--内観―こころは劇的に変えられる:

« 書評--地球着陸を目前に控えて | トップページ | 書評--断捨離 »