« 書評--(番外編) | トップページ | 書評--運命を切り開く因果の法則 »

2016年8月 1日 (月)

書評--超心理学――封印された超常現象の科学

超心理学――封印された超常現象の科学
石川幹人 (著)
紀伊国屋書店 ¥2800
ESPをきちんと科学的な実証によって証明しようとする立場の著者。
だが、これまでの130年間の研究段階では、ESPは残念ながら証明されていない、という。
ただ、人の心が乱数発生器に影響を及ぼす、というあたりでは、9・11、3・11などで、かなりの統計データがとれた、あたり。
著者は霊魂も信じないし、念力も信じない。
ということで、厳密といえばあまりにも厳密な「肯定的超心理学者」でした。
お勧め度★★☆☆☆
楽しく?超心理学を学びたい方には向きません。
意思のサイエンス
リン・マクタガート  (著), 早野 依子 (翻訳)
投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待
マイケル タルボット  (著), 川瀬 勝  (翻訳)
「思考」のすごい力
ブルース・リプトン  (著), 西尾 香苗 (翻訳)
あたりの方が良いでしょう。

« 書評--(番外編) | トップページ | 書評--運命を切り開く因果の法則 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63997920

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--超心理学――封印された超常現象の科学 :

« 書評--(番外編) | トップページ | 書評--運命を切り開く因果の法則 »