« 受験シリーズ(4)の4 | トップページ | 質問への回答(60) »

2016年9月29日 (木)

質問への回答(59)

Q、司法書士試験3年目不合格(28歳女性)です。
 周囲は結婚していくのに・・・・
僕は、司法書士試験でない(司法書士ほど難しくない)理系資格受験者だけれど、
1年目:不合格
2年目:不合格
で、3、4年目は諦めて、受験すらしていません。
5年目に考えました。
「このまま、一生、不合格という劣等感を背負って生きていくのか?
そういう生き方ができるのか?」
ここで、決意しました。
「合格するまで何年でも受験するしかない」
試験場で、教室を見渡します。
100人の受験者の教室だとして、「この教室の中で合格するのは3人」
そのために、他の受験生に負けないどんな努力をするか、です。
就寝・食事・入浴時間以外は全部勉強。
(トイレに入る時間は、トイレのドアに暗記項目を書いたものを貼っているので勉強時間)
僕の受験結果:やっと合格
あなたの花嫁道具は「司法書士合格のために頑張った努力」です。
これは一生の宝物です。
司法書士に合格する努力をできるのだから、
何かで頑張らねばならないときに、あなたはどんな努力でもできる。
3000時間以上の勉強が必要な司法書士に合格する能力があれば、料理能力なんて100時間で基本は身につくし、理想的な洗濯の仕方、なんて、本を2冊読めばOKです。
質問の書き込みによれば、あなたは合格と不合格のボーダーラインにいそうです。
だとすれば、司法書士レベル試験の合格と不合格の差は、そこで諦めるかどうか、だけでしょう。
花嫁道具は「司法書士試験合格証」。(何があっても諦めない精神力)
これを理解してくれる人と交際できるのが一番良いのではないでしょうか?

« 受験シリーズ(4)の4 | トップページ | 質問への回答(60) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/64276541

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(59):

« 受験シリーズ(4)の4 | トップページ | 質問への回答(60) »