« 書評--苦しみを選ぶ「勇敢な魂」 | トップページ | 書評--「思い出す」だけで、人生に奇跡が起こる »

2016年10月22日 (土)

質問への回答(61)

直接のコメントへの回答
==========
>Yeonsoさんがタロットカードを研究(?)されているとは、意外でおもわずコメントしました。
>日常どんなことに実際に活用されているのでしょうか。自分の今後の参考にぜひお聞かせ願いたくおもいます。よかったら、何かのついででもよいのでこのブログで書いてくれませんか?
この物質的なタイムラインにおいて、未来のことは不明です。
理論や現段階での見通しで正しいとは限りません。
たとえば、転職の歳にA社にするか、B社にするか、会社の状況や賃金・福利厚生だけでは見えない、例えば人間関係やその後の待遇など、知ることができないことがあります。
それらを知るための補助として、タロットは一つの目安になると思っています。
転職に限らず、身近な例で言えば、一泊旅行に行くのに、○月C日と○月D日のどちらが良いのか?(天気も関係します)
あるいは南のE温泉と北のF温泉のどちらが良いのか?(良い思いをするのか、そうでないのか?)
それらの疑問はいくら考えてもわかりません。
そこでタロットの登場となります。
(ちなみにウチの奥様の場合は、それらを決めるのはダウジングです)
>『死後の霊界』の実在、死後生について、Yeonsoさんがはっきり確信できたおススメ本が是非読みたく思います。
1980年頃から死後世界の説明本が出版されています。
(その前はエマニエル・スウェデンボルグの「私は霊界を見てきた」あるいは違う訳では「霊界漫遊記」あたりでしょうか?
その後、
「かいまみた死後の世界」レイモンド・ムーディ著
「輪廻転生」ジュディ・ラドン?
あたりから読み始め、
決定打は「前世療法」をはじめとするブライアン・ワイスでしょうか。
>30数年にわたり何十冊の霊界関連本を読み何人かの(自称)霊能者に面接してきましたが、ストーンと胸に落ちて納得したことがありませんでした。
>「けっきょく現実は、肉体の死イコールおのれの完全消滅・・・が現実なんだなあ」とただ空しさだけの、引退の日々。
>死後生(魂の実在)についてのYeonsoさん個人の推奨本がもしありましたら、これもなにかのおりに書いてくださったら助かります。
「人間」は肉体だけでなく、エーテル体・アストラル体・コーザル体で構成されています。
物質的な肉体を脱ぎ捨てても、他の3つは残ります。
(詳しくはルドルフ・シュタイナーの本をご覧ください)
別の説ではメンタル体を含めて5つというものもあります。
仏教でいう「カルマ」というのは輪廻転生を前提としたものです。
輪廻転生がなければ、悪人はバレなければどんなことをしても良いことになってしまいます。
それでは「宇宙の理(ことわり」あるいは「宇宙の法則」に反します。
この「宇宙の理」というのが難解ではないのですが、僕の場合、納得いくまではそれなりの本を読まねばなりませんでした。
それらの本は、僕のHP(最近、HPを引越しした)
http://yeonso.world.coocan.jp/bun3152.htm
に紹介してあります。
ざっと簡単に以上ですが、
また、質問がありましたお寄せください。

« 書評--苦しみを選ぶ「勇敢な魂」 | トップページ | 書評--「思い出す」だけで、人生に奇跡が起こる »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/64384549

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(61):

« 書評--苦しみを選ぶ「勇敢な魂」 | トップページ | 書評--「思い出す」だけで、人生に奇跡が起こる »