« 質問への回答(59) | トップページ | 書評--借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ »

2016年10月 7日 (金)

質問への回答(60)

Q、もう56歳。就職できずに人生終わりか?
A、
年齢的に、仕事を選ぶ贅沢はできません。
就職できるまで、どんな仕事でも応募するしかないのです。
56才で、そこそこ募集があるのは
清掃・警備・タクシー運転手・設備・介護あたりです。
そのうち、設備は電気やボイラーなどの資格が必要。(私はこれでした)
タクシー運転手は1種免許を持っていれば会社側で2種免許を取得させてもらえる。
(ただし、深夜勤務などあり)
介護は介護初任者研修(旧ヘルパー2級:130時間の講習で取得可)
と考えると、清掃か警備ですね。
清掃はもちろん、トイレ清掃なども含む。
警備は、楽な現場は既に人が入っていて辞めませんから、厳しい(たとえば深夜勤務があるとか、真夏でも真冬でも雨でも、外で立っているような)現場の募集は、人が避けますから常にあります。
あなたに必要なこと。
「プライドを捨てる」こと。
質問に「大卒」と書かれていますが、そんな学歴は56歳の今、何の意味もありません。そこにまだプライドを捨てきれていないのを見てとれます。
「大学卒業してから合計7年間も働いていない」
と正直に面接にこぎつけた場合、言わないで(どうせ採用しても、また辞めるだろうと思われるので、働く気を見せるため)「アルバイトを繰り返していた」とか「恥ずかしながらフリーターでした」あたりにしてくださいね。
>これを受けいるるしかないのか。
拒否してどうする?という感じです。
これまでの過去は事実なので、受け入れるしかない。
しかし、これからの人生はあなた次第。
カネール・サンダースがフライドチキンを成功させたのは晩年ですよ。
ゴッホの絵が売れたのも同じくらい。
あなたの人生はこれから構築できます。
また、他の方が答えているように、生きるだけなら生活保護でいけます。
だから「プライドを捨てる」というわけです。
人生を拒否する必要はありません。

« 質問への回答(59) | トップページ | 書評--借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/64313231

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(60):

« 質問への回答(59) | トップページ | 書評--借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ »