« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月24日 (木)

書評--やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす
ハイディ・グラント・ハルバーソン (著), 児島 修 (翻訳)
\1600 大和書房
ダイエット、禁煙などを決意してもなかなか続かない理由。
それが心理学的にここに書いてあります。
と言っても、心理学の専門用語などはなく、「意志力」は筋肉と同じで、他で使ったら疲労して休みが必要になる、という新しい見解まで。
さすがに「全米ベストセラー」
たくさんの心理学的分析(実験の結果を含む)が書いてありますが、
一つだけ例を紹介しておくと、
良い成績が取れたときにほめられ、悪い成績を取ると何も評価がない、家庭で育てられた人と
逆に
良い成績が取れたときに何も言われず、悪い成績を取るろ叱られる家庭で育った人は生き方が異なる、ということです。
(著者は「習得型」と「証明型」と言う言葉にしている)
前者の生き方は、当然ならが、人生でたくさんのものを得よう、という生き方に反映され
後者は、人生でなるべく失うものがないような生き方となります。
前者の考え方の本を読んでも後者の生き方をしている人には納得できるはずはありません。
これが引き寄せの法則をいくら読んでもうまくいかない人の理由の一つ、というのは初めて気づきました。
以上は一例ですが、このような考え方の違いが心理学的実験と一緒に多数紹介されています。
(心理学検定で学んだことを再確認する事項もたくさんありました。(専門用語をほとんど使っていないので理解しやすい))
人生を改善するにはこの本が役立つ方もおられるでしょう。
お勧め度:★★★★☆

2016年11月23日 (水)

書評--あなたのままで奇跡を起こす!

あなたのままで奇跡を起こす! 思考選びの実験
都築まきこ  (著)
\1400 きこ書房
引き寄せの法則関係は数十冊を読むと、どれも似たり寄ったり、と言う感じで、
★3つがほとんど。
あとの評価の分かれ目は独自性や新しい視点、考え方。
そういう意味でこの本は
タイトルどおり、無理に自分を変える必要はない、とし、「変えるのは思考の選び方。」(P44)という。
「思考の選び方」という書き方そのものが可能性を広げている。
これまでに一つの思考にしがみついていたものを、2つ以上の思考を並べて、どのように選択するか、というだけで、
思考が変わる習慣になる。
あるいは、著者はナポレオン・ヒルに感銘をうけ、ナボレオン・ヒルだったら、どうするか、という思考実験をしてみた、という。
いやなものを好きになる必要はない、とも。(P138)
他の引き寄せ本でうまくいかない人にはとても参考になるだろう。
お勧め度★★★★☆
amazonの評価が★5つが12件、★4つが1件(3以下はなし)
というのもうなづける。
ただし、引き寄せの法則が前提になっているので、そもそも信じない、と言う人には参考にならない。

2016年11月20日 (日)

書評--幸せを導く未来の暦

幸せを導く未来の暦
松原 照子  (著)
\1200 宝島社
3・11地震を予言した、という著者。
ある程度の予知能力があるらしい。
本書を読むと、高次の世界からいろいろ教わっているようだ。
福島原発事故への批判。
日本の食の自給率の低さへの批判。
それとこれからの世界に起きる災害への心配。
著者の「本」は初めて読んだが、まあまあの、霊能者かな?
お勧め度★★★☆☆
PS
ここで「本」は初めて読んだ、と書いたが、著者の文章はネットでいくつか読んでいる。
それはこの本の帯に「東日本大震災」を予知した、とあるからだ。
おまけに陸前高田、石巻という地名入りで。
さて、直前なのだが、著者はカレンダーが赤い日の水曜日、大きな地震が起こるとしている。
つまり、今年で言えば、11月23日の勤労感謝の日。
予言が外れることを願うのだが、学者も地震は何時起きてもおかしくない、と言っているわけで、一応、気をつけておきましょう。
ガス・水道・電気などのライフラインが断たれた時に備えましょう。
1週間分の飲料水を用意。(非常食は3日分もあれば1週間は生き延びられる)
懐中電灯などの防災グッズも点検を。
なお、1週間経ってもライフラインが復旧しないような大地震なら、もっと他のことを考えねばなりませんが。

書評--[隠国日本版]神々の指紋(上・下)

[隠国日本版]神々の指紋(上・下)
藤原 定明
ヒカルランド 各¥1600
いきなりのヤタガラス!
前提としているのが、
記紀・竹内文書・日月神示・グラハムハンコック・ノストラダムスなど。
どこの神社とどこの神社が二等辺三角形になっているのを発見した!とか。
前提が正しいかどうか証明されていない(完全に間違っているとは言わないが)ものから説明しても、どうにもならない。
著者の独りよがりの決め付けばかり。
上下2冊も買って損したわい!
お勧め度★★☆☆☆
最後にいろいろな現代風の話題をまとめてある。
環境問題・経済問題など。
しかし環境問題も地球温暖化ひとつとっても、原発推進者の陰謀という説もあるし、
日本政府の借金1000兆円にしても、ハイパーインフレやモラトリアムのみでなく、税制を変えればよいだけなのだ。
これについては「税金は金持ちから取れ」武田知弘著 金曜日刊
を読めば他の解決法があることがわかる。
たとえば、消費税。細々と年金で暮らしている人や、病人、生活保護者からも税金を巻き上げる仕組みを、消費税制度前にもどせば良いだけなのだ。
消費税の代わりになくなったのが、物品税や飲食税。
物品税は¥3万以上の買い物をした場合に10%の税金がかかるというもの。
飲食税は記憶によれば、¥2500以上の飲食をした場合に10%の税金がかかるというもの。
そして消費税を増やして優遇したのが、企業の減税。
制度を20数年前に戻すだけで、国家の借金は減るのだ!

2016年11月17日 (木)

質問への回答(62)--これはスプリチュアルな質問ではないですが、人生そのものが、スピリチュアル?

Q、
今から甲種4類を勉強して間に合うでしょうか?
============
A。
間に合うかどうか、は
質問者様の記憶力・理解力・応用力などの個別差によるので、不明です。
ただ、1電工を取得している、ということで、電気の学力はある程度、推測できますので、時間的には(1日に何時間勉強するか、にも関係しますが)OKでしょう。
電線の条数(が私は難しかったですが)をクリアしているとすると
製図の問題は、感知器の設置場所+必要個数などになりますが、
これは、暗記ではどうにもなりません。
試験ごとに問題設定が異なるからです。
つまり法令の理解が必要となります。
どのような面積ではいくつ必要か?
そういう前提の理解があって、いくつ設置するか、ということになります。
このようなケースの場合に、いつも私がお勧めしているのはプロとしてのシミュレーションです。
あなたが甲4に合格した場合、消防設備4類のプロとしての仕事を任されることになります。
(建築や電気は施工管理技術者などの資格があってちょっと異なるのですが)
消防の場合の最高資格は甲種ですから、あなたは1級建築士などに、消防関係の設計の元を質問(依頼)されることになる可能性があります。
「私はビルを設計するので消防設備の担当をお願いします」
もう一度書きますが、甲種は建設業法からしても消防設備においては最高資格です。
10階建てのビルの消防設備の設置を任された、と想定してください。
つまり火報盤(には端子しかありません)からの、感知器への配線、防火扉が閉まったときや消火栓が動作したときの配線、など、全部を任されるのです。
(不具合の生じた際にはあなたに連絡がきます。「何とかしてくれ」と)
もちろん、資格取得はスタート段階ですから、それらすべてができるはずはありません。
しかし、それらに対応してできるようにしておく、というのが試験合格のコツです。
様々な現場のトラブルがあっても、解決できそうだ、という知識に至っている状況なら試験は合格です。
厳しいかも知れませんが、以上が、70以上の国家試験を受験してきた私が試験に合格するコツです。
キーワードとしては
「4類関係の消防設備は任せろ」
「このビルの消防設備は私が把握している--トラブルがあれば私に連絡しろ」
法律的には、甲種4類はそういう仕事を依頼されます。

2016年11月10日 (木)

書評--平穏死できる人、できない人

平穏死できる人、できない人 延命治療で苦しまず
長尾 和宏  (著)
PHP \1300
「安楽死」とか「自然死」という言葉は知っていましたが、「平穏死」という言葉は知りませんでした。
100年以上の昔は、医療に頼らず、通常の方は、そのまま在宅で亡くなったのですよね?
ところが、現代は、医療で延命をするのです。
僕は大学病院の医療現場の設備の仕事をしていました。
設備で不具合(例えば蛍光灯が切れたとかの通常のことでも)があれば、直してくれ、と言われます。
患者さんの中には人工呼吸器をつけた方がおられます。
(つまり既に意識はなく、人工呼吸器という機械で命をながらえている)
それって、「生きている」意味があるの?
「生きている」って言えるの?
この本はそれに疑問を投げかけています。
著者は医師。
無理に生かす(行き続ける)ことはどうなのだろう?ということで
「平穏死」と言う言葉を使っています。
もしかしたら、死ぬかも知れない、というほど体調が悪くなったら、どうします?
僕は、病院が嫌いなので、そのまま元の世界というか、あの世に行っても良いのですが、
それでは日本の法律では、奥様が問題にされる可能性があります。
だから病院に行く?
それがおかしい、ということを著者は語っています。
先進国では死に方を選べる法律があるのに、日本ではまだない。
だから、本人が、--たとえば苦しすぎるので点滴をやめてくれ--と主張しても
本人の意思は尊重されず、(本人の意思を尊重して、延命治療をやめると殺人罪になる)という・・・・
お勧め度:★★★☆☆
(僕は医療現場を知っているので★3ですが、ご存知ない方には★4かも知れません)

2016年11月 9日 (水)

書評--ブッダの瞑想術で人生が変わる!

ブッダの瞑想術で人生が変わる!―集中力と心の強度を簡単にアップさせる秘訣
サミート・M・クマール博士 (著), 大沢 章子 (翻訳)
主婦の友社 ¥1620
基本的には仏教というより、瞑想によりマインドフルネスを目指すというもので、
そう、いつも”あるがまま”の状態を続けられれば人生は向上するでしょう。
瞑想の説明というより、人生哲学に近く、これまで読んだ瞑想の本より、文章が格調高いです。
お勧め度★★★★☆

書評--あなたという習慣を断つ

あなたという習慣を断つ―脳科学が教える新しい自分になる方法
ジョー・ディスペンザ (著), 東川恭子 (翻訳)
ナチュラルスピリット¥2376
量子論+脳科学です。
前の「「思い出す」だけで、人生に奇跡が起こる」と、方向性が同じですが、理論的にはこちらが詳しいし説得力があります。
ただ、新たな現実を創造するためには、タイトルのとおり「これまでの自分」を捨てるしかないということで、こちらは瞑想に重点を置いています。
脳科学などで瞑想を詳しく説明しているので、瞑想ができないと現実は変えられないの?という疑問も沸きますが、良書です。
お勧め度★★★★☆
瞑想については次に紹介する本の方が参考になるかも。

書評--「思い出す」だけで、人生に奇跡が起こる

「思い出す」だけで、人生に奇跡が起こる
ダニエル バレット (著), ジョー ヴィターレ (著), 住友 進 (翻訳)
きこ書房 ¥1600
共著のジョー・ヴィターリは、このブログでも何度か紹介した、ザ・シークレットの出演者の1人。
ただ、ダニエル・バレットの方が文章が多い。
ダニエルの説明にジョーが補足する、という感じ。
さて、内容だが、引き寄せの法則の新発想。
引き寄せるのでなく、既にパラレルワールドに存在しているものを、「思い出す」というもの。
これは「実現させよう」なんていう期待などでなく、実際に既に経験している、という次元に移行する技術。
これまでのアファーメーションや視覚化などを凌駕している。
お勧め度★★★★☆
注意
巻末についているプログラムの資料取り寄せは避けた方が良いです。
この会社は一度問い合わせるとしつこくTELがかかってきます。
1年に一度くらい、10年間も・・・・・

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »