« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月30日 (金)

書評--トンネラーの法則

トンネラーの法則 どんな逆境もはねのける人はどこが違うのか?
ロム・ブラフマン (著), 藤島みさ子 (翻訳)
阪急コミュニケーションズ ¥1600
トンネル効果とは物理学の用語だが、それを心理学的に用いた用語。
つまり人生の壁を乗り越える人をトンネラーと呼ぶ。
人生の壁を乗り越えられずに、諦める人、嘆く人、極端に言えばもっと悲惨に人生を終わる人がいる中、
トンネラーは、人生をコントロールしようと考える。
自分の人生は、周囲の状況によって、こうなってしまった、と考えずに、
どうすれば改善できるか、と考える。
いや、コントロールなんてできることが少ない、と考える方、ではコントロールできるのはどのくらいの割合でしょう?
ゼロという方はいないはず。仮にコントロールできるのが20%であれば、その20%でも何とかしようと考えてみてはいかがでしょう?
お勧め度★★★☆☆
けっこう良い本なのですが、amazonの評価は高くない。
amazonで「中身検索」できます。

書評--宇宙論の超トリック 暗黒物質の正体

宇宙論の超トリック 暗黒物質の正体 『現代物理の死角』復刻補強版
コンノケンイチ (著)
ヒカルランド ¥1800
この本のテーマは、アインシュタインの相対性理論やビッグバン理論を否定。
生物学や歴史学だけでなく、物理学の世界でも定説に反対すると、ホサれるらしい。
生物学でダーウィンの進化論(あくまで「論」のはずですが)を否定すると大学教授になるのは無理。
物理学の世界で相対性理論を否定すると、決して学会で出世できない。
(だが、アインシュタインは晩年、寂しい生活を送った。相対論では有名になったが、量子論を否定していたためだ。)
相対論を否定するのは、これまで肯定していた研究に水を指すことになるので、学会から総攻撃を受ける。
そういう意味では著者は頑張っている。
それなりに説得力もある。
光より早くすすむものは存在しない、というアインシュタインの理論は、たとえばUFOを説明することができない。
太陽系に一番近い恒星であるアルファ・ケンタウリ星からやってくるのに4年かかる、というのは、実情にそぐわないからだ。
(と言う理由でUFOそのものを否定する人もたくさん存在する)
ビッグバンが起きたのが137億年前、というのも遠くの星ほど遠ざかっている、というのを逆に計算しただけの理論。
観測できない星のほうがはるかに多いのに、観測できた範囲での仮説にすぎない。
ということで、真実はどちら?
調べたい方は著者の渾身のこの1冊を読まれてはいかがでしょう?
お勧め度★★★★☆
スピリチュアル的には相対性理論の入門書より面白いです。

2016年12月28日 (水)

書評--セラフィム・ブループリント

セラフィム・ブループリント
ルース・レンドリー  (著), 佐藤志緒 (翻訳)
voice \2300
ヒーリングなのだが、セラフィム(最高位の天使)のエネルギーがもらえるらしい。
この本にはレイキよりも、エネルギーが高い、などと書いてある。
(料金もレイキより高い!)
料金は決まっているようで、どこでも
レベル1・2・3・5が各¥27000、
4・6が各¥42000.
全部受けたら一体、いくら?
まあ、書いてあることだけを評価すると
★★★★☆
こういうヒーリングもあるのだ、と知っておいても良いでしょう。

2016年12月21日 (水)

書評--究極の損得勘定 Part2

究極の損得勘定 Part2 - 1%の仲間たちへ ~笑顔と元気の玉手箱シリーズ5~
小林正観
■ 出版社 宝来社
■ 価格 \1,500(税込)
この本はamazonでは購入できません。
出版社のHPをご覧ください。
http://www.358.co.jp/shopping/info.php?i=BKH0050
同じようなことは他の本にも書いてあったが
「夢も希望もない暮らし」(P67)
が良い生き方というのはあまり書かれていなかったような・・・?
つまり、夢や希望がある、ということは、まだ何か足りない、と言っていること。
ありふれた日常が、トラブルもなく、病気や怪我もせずに、いるということが、感謝や幸せを感じることができる。
ということが最高の幸せなのだと、と。
英語では過去はPast
未来はFuture
そして現在はPresent
今が贈り物である、という。
本のタイトルどおり、何があっても喜べる人が最高に幸福。
お勧め度★★★★☆

2016年12月 9日 (金)

書評--死なないカラダ、死なない心

死なないカラダ、死なない心 宇宙のエネルギーで身体をつくりかえる
成瀬 雅春  (著)
\1500 講談社
スピリチュアル系研究者にとってはこの本は避けられないような気がします。
この著者はヨガの専門家なので、宗教的な「スピリチュアル」とは一線を画します。
基本はスピリチュアル系と同じなので、見えない世界を肯定しているのですが、
それぞれの概念がちょっとずつ違う。
プラーナと気は異なる。
すべてはプラーナで成り立っている。
霊界は地球の数万キロメートルに存在し、それ以上の宇宙には存在しない?
空中浮遊の写真が載っていますが、(P182)ウソをつくような文体ではないので、
トリックでない、実際の空中浮遊でしょう。
ヨガを極めるとそんなことは簡単だ、と言わんばかり。
「悟り」や「カルマ」の概念もちょっと違います。
経済学に例えれば(って経済は僕は全く専門ではないけれど)
近代経済学かマルクス経済学か?
どちらを選択するとしても相手の経済を多少は学びます。
どちらが正しい?と見極めてから自分の選択する経済学にするわけで・・・
経済学部に進学する受験生は、その大学がどちらの経済学なのか?を調べてからでないと大学生活の4年間を後悔します。
(そういう理由もあって僕は理工学部数学科出身です)
経済学部は極端な例ですが、宗教や(キリスト教で言えばカトリック系なのかプロテスタント系なのか)
政治学・法律学・歴史学近辺でも(権力者側なのか人民側なのか?)でも、一生の価値観に影響を与えるでしょう。
この「ちょっと違う」ところが探究心をくすぐります。
お勧め度★★★★☆
そういう意味では某宗教団体に大学時代に入った知人の連れは、今更、抜けられません。
抜けたら自分のこれまでの人生を否定することになるからです。
しかし、間違っているなら、遅くてもそれに気づくのがBESTだと思うのですが、・・・・

2016年12月 5日 (月)

書評--聖書の成功法則

願望物質化の超パワー [実践活用版] 聖書の成功法則
泉 パウロ (著)
ヒカルランド
3・11人工地震をシリーズで出版している著者ですが、その前はこんな成功本があったのですね。
通常の成功法則と重なる部分がありますが、語り口が、実際の例もいろいろ紹介されています。
聖書からの引用も多いので、聖書に抵抗がなければ一読はしておいて良いと思います。
最後の方に、著者自信が祈りの力を用いて教会建設にこぎつけた体験談もあります。
お勧め度★★★☆☆

2016年12月 4日 (日)

書評--生き方は星空が教えてくれる

生き方は星空が教えてくれる
木内 鶴彦  (著)
\1700 サンマーク出版
彗星の話から始まって、途中の臨死体験の話が新鮮。
これまでの臨死体験本に書かれていないこと・・・・月が15000年前までなかったことや宇宙の始まりに遡って見たことなど、が書かれている。
そして地球環境の話。
詳しくはamazonで「なか見検索」ができますので、覗いてみてください。
お勧め度★★★★☆

2016年12月 3日 (土)

書評--ディバイン・インセプション

ディバイン・インセプション―クリスタル・チャイルドが語る宇宙と生き方
ブライアン・シャイダー (著), クリスタル・シャイダー (著), 草笛 哲 (翻訳)
\1500 ナチュラル・スピリット
これ、訳がひどすぎませんか?
敬体でなくて常体。
読者に対して「君は・・・」ってどうよ?
内容はこれまでにない観点から書かれていて、スピリチュアル系の人は一度は読むべき。
訳者を変えて、もう一度なりなおしてほしい>出版社。
ということで、内容は★4以上なのだが、訳がひどすぎるので(常体に抵抗ない人は大丈夫)
お勧め度★★★☆☆

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »