« 書評--究極の損得勘定 Part2 | トップページ | 書評--宇宙論の超トリック 暗黒物質の正体 »

2016年12月28日 (水)

書評--セラフィム・ブループリント

セラフィム・ブループリント
ルース・レンドリー  (著), 佐藤志緒 (翻訳)
voice \2300
ヒーリングなのだが、セラフィム(最高位の天使)のエネルギーがもらえるらしい。
この本にはレイキよりも、エネルギーが高い、などと書いてある。
(料金もレイキより高い!)
料金は決まっているようで、どこでも
レベル1・2・3・5が各¥27000、
4・6が各¥42000.
全部受けたら一体、いくら?
まあ、書いてあることだけを評価すると
★★★★☆
こういうヒーリングもあるのだ、と知っておいても良いでしょう。

« 書評--究極の損得勘定 Part2 | トップページ | 書評--宇宙論の超トリック 暗黒物質の正体 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/64686899

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--セラフィム・ブループリント :

« 書評--究極の損得勘定 Part2 | トップページ | 書評--宇宙論の超トリック 暗黒物質の正体 »