« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月27日 (金)

スピリチュアルに生きる(154)

「死ぬときに後悔すること25」
という本があります。
http://www.mobilkubota.com/manabi/250.html
逆にいえば
「行きたいところは全部やったし、やりたいことは全部やった。
もう何も思い残すことはない。ああ良い人生だった」
と言えれば最高の人生です。
そう言い残したのが数年前。
それから先週亡くなるまで、さらに人生を謳歌したのは、真面目に正直に生きてきたご褒美でしょう。
まだ二人の息子が小学生の時に、夫を亡くし、女でひとつで兄弟二人とも大学を卒業させた。
それから年をとっても隠居生活などでなく、亡くなる直前まで、毎週、カラオケ・詩吟、友達との食事会・芝居見物など楽しみ、
亡くなったのが、「体調が悪い、」といって、入院した翌朝。
自分の葬儀の費用まで残していった。
これ、すごいです。
だから、葬式の参加者は息子の職場関係も親戚関係も全くなし、のゼロ人。
ということで、義理でなく、純粋に故人とのお別れをするための参列者が44人。
続きは奥様のブログに、数日後に掲載予定の記事をご覧ください。

2017年1月17日 (火)

書評--P.R.サーカーのことば

P.R.サーカーのことば
シュリ・プラバート・ランジャン サーカー (著), Shrii Prabhat Ranjan Sarkar (原著), 石戸谷 滋 (翻訳)
\2000  アナンダマルガヨガ協会
これは相当にレベルの高い霊性の本です。(言葉は難しくない)
前半は個人的な愛や心についての記述。
後半は政治や経済への批判・・・というわけで、当時のインドの支配者を批判した彼は数年間、投獄されました。
スピリチュアル系で政治や支配層を批判した本はあまりないのでは?
(というわけで資本主義の終焉を唱えたラビ・バトラの師匠だったわけですが)
お勧め度:★★★★☆
関係URL
http://www.anandamarga.jp/about/index.htm

2017年1月16日 (月)

書評--ブッダの死生学講座

ブッダの死生学講座
井手敏郎  (著)
\1500 アスペクト
対話形式で書かれた「死」と「生」についての講座です。
仏教を中心として書かれていますが、仏教入門書としてはかなり分かりやすいです。
講座の途中で板書もしたのでしょうか?
その板書の様子もところどころあります。
いろいろな人の名言の引用もあります。
死後にも魂が残る
因果律がある
ということを前提に生きるのとそうでないのではどれだけ異なるのか?
いつ、他界するか誰にもわからないから、1日1日後悔することないよう生きよう。
そういう本です。
お勧め度★★★☆☆

書評--生きがいの創造 (決定版)

生きがいの創造 (決定版)
飯田 史彦
¥2400 PHP
著者の「生きがい」シリーズはだいぶ前に読んだのだが、これは、それらを改定・修正してまとめた
「決定版」とのこと。
たしかに初期のころより読みやすく、説得力もあるかも。
輪廻転生の本もいろいろと引用されているので、これ1冊で、それらの本の案内書のようになっている。
輪廻転生を通じて語られるのは「生きる意味」。
良い本です。
しかし、amazonを検索すると、生きがいの創造「完全版」というのがその後出版されている。
そりゃ「完全版」のほうが完成されているはずなので、こ「「決定版」をお勧めするわけにはいきませんね。
ということで
お勧め度:なし

2017年1月14日 (土)

書評--僕が僕に還る旅 (2)

僕が僕に還る旅
森津 純子  (著)
アートヴィレッジ
¥1700
この本の書評は2015年9月に一度書いているので(2)
スピリチュアル度:MAX
人はなぜ生きるのか?
なぜ輪廻転生を繰り返すのか?
たくさんの人生を「あの世」からの視点で、物語が展開します。
人生のヒント満載。
ただ、amazonのレビューには「何の内容か不明」のようなレビューがありますので、
輪廻転生を信じていない人には、読むことができないかも知れません。
巻末の参考文献もサネヤ・ロウマン、神との対話、シュタイナーなどとスピリチュアルレベルの高いものがほとんどです。
そういった前提で、この本が書かれています。
お勧め度:★★★★★
絶版のようですが、amazonの中古が安く手に入ります(本日現在¥110)

2017年1月13日 (金)

書評--魂が覚醒する具現化の法則

シルバーあさみの魂が覚醒する具現化の法則
シルバーあさみ (著)
知道出版 \1500
==超要約==
私は「覚醒道」の創始者なのよ~
人生の問題はエゴを捨てないといけないのよ。
6日間のセミナーを受ければ誰でも人生の問題は解決できるわ~
6日間でたったの30万円なのよ~
6日が無理なら二日間のベーシックコースでもどうぞ
http://kakuseidou.com/course/soul_basic_m
ということで
お勧め度★☆☆☆☆
「覚醒道」で検索するとかなりの批判がある。

2017年1月 4日 (水)

書評--宇宙のヘソ富士山と共にアセンションせよ

<<地球ヨミガエリ>>を託されし太陽の国よ! 宇宙のヘソ富士山(FUJIYAMA)と共にアセンションせよ 進め、いざムー次元へ (天下泰平 3)
滝沢 泰平 (著)
\1800 ヒカルランド
今ここ日本列島が<<ノアの方舟>>となる
2015年8月 4日 (火)
で、書評を「天皇制支持だからNG」として書いた著者の本ですが、気になってまた購入してしもた。
この本は著者のブログ
http://ameblo.jp/pure-tenkataihei/
の引用らしいので、上のURLで全部読めそうだから購入の必要なし。
ただ、書評としては
P290~
の、佐野千遥という人が天才らしい。
本ではこれまでに解けなかった定理の証明を4つも証明してしまったとか。
検索すると、著者のURLが出てきますのでここを読めば本の内容そのもの。
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51854220.html
ただし、検索していると
「佐野千遥被害者の会」なんていうのも出てきます
http://protest2sano.blog.fc2.com/
ので、要注意。
要注意ですが、今のところ、真実はどちらか不明なので、
お勧め度:なし。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »