« 書評--生きがいの創造 (決定版) | トップページ | 書評--P.R.サーカーのことば »

2017年1月16日 (月)

書評--ブッダの死生学講座

ブッダの死生学講座
井手敏郎  (著)
\1500 アスペクト
対話形式で書かれた「死」と「生」についての講座です。
仏教を中心として書かれていますが、仏教入門書としてはかなり分かりやすいです。
講座の途中で板書もしたのでしょうか?
その板書の様子もところどころあります。
いろいろな人の名言の引用もあります。
死後にも魂が残る
因果律がある
ということを前提に生きるのとそうでないのではどれだけ異なるのか?
いつ、他界するか誰にもわからないから、1日1日後悔することないよう生きよう。
そういう本です。
お勧め度★★★☆☆

« 書評--生きがいの創造 (決定版) | トップページ | 書評--P.R.サーカーのことば »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/64771097

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ブッダの死生学講座 :

« 書評--生きがいの創造 (決定版) | トップページ | 書評--P.R.サーカーのことば »