« 書評--ブッダの死生学講座 | トップページ | スピリチュアルに生きる(154) »

2017年1月17日 (火)

書評--P.R.サーカーのことば

P.R.サーカーのことば
シュリ・プラバート・ランジャン サーカー (著), Shrii Prabhat Ranjan Sarkar (原著), 石戸谷 滋 (翻訳)
\2000  アナンダマルガヨガ協会
これは相当にレベルの高い霊性の本です。(言葉は難しくない)
前半は個人的な愛や心についての記述。
後半は政治や経済への批判・・・というわけで、当時のインドの支配者を批判した彼は数年間、投獄されました。
スピリチュアル系で政治や支配層を批判した本はあまりないのでは?
(というわけで資本主義の終焉を唱えたラビ・バトラの師匠だったわけですが)
お勧め度:★★★★☆
関係URL
http://www.anandamarga.jp/about/index.htm

« 書評--ブッダの死生学講座 | トップページ | スピリチュアルに生きる(154) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/64774533

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--P.R.サーカーのことば :

« 書評--ブッダの死生学講座 | トップページ | スピリチュアルに生きる(154) »