« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年3月

2017年3月 8日 (水)

僕が従姉(いとこ)に教わったこと

従姉:ああ、やっとTちゃんと繋がった。

 Tちゃん(従姉は僕をそう呼んでいた)と繋がれたか。
(いろいろ挨拶周りをしていて誰とも繋がらないから)
  私は今、広い白い建物の中にいるんだよね。
  これから何かあるらしい。
僕:誰が迎えに来たの?
従姉:元の夫です。
===========
ここで終わりなので、それ以外は不明。

2017年3月 7日 (火)

僕が母に教わったこと(7)

今回は短いです。

=============
母:宇宙は「愛」なんだよ。
 良いことも嫌なことも経験させてくれる。
 嫌なことも経験させてくれるって、すごいだろ?
 これが宇宙の「愛」だよ。
僕:霊とか魂の状態だと、ネガティブなことは経験できないからね。
 「宇宙になる」っていうことは愛になる、っていうことだね。
母:宇宙は宇宙のすべてを愛しているんだよ。
 どんな経験でも愛しているんだよ。
============
これだけです。(たぶんこれが最終回--愛で終わって良かった)
49日が終わったら、書評を再開しようと思っていました。
(本はずっと読んでいるが、喪の期間だから、「書評」なんて書いている心境ではない、ということで。)
==============
そうしたら、いとこ(従姉)が昨日亡くなったそうです。
子どもの時以外、ほとんど付き合いはなかったのですが、
「僕が従姉弟に教わったこと」を1回くらい、アップすることがあるかも知れません。
(今は繋がれない。母のときのように挨拶まわりをしているのだろうか?)
=============
実務的まとめ
○母の死後、関係のいろいろな広告が目に入ります。
 葬儀なし、最低限の棺と火葬だけで、約¥20万かかります。
○ウチは、父の墓があるので、戒名・葬儀の僧侶へのお布施で¥40万かかります。(もちろん、宗派によって異なることでしょうが--生前戒名の場合は¥3万ほど。ネットで検索してください。--ただし、生前戒名をすべての宗派が認めているかどうか、が問題です。--僕の場合は、「戒名なんていらない」って遺言を書く状況あれば書くのですが。--人は、何時、死ぬか分からないので、遺言の形式くらい(3種類ある)は頭に入れておいた方が良いのではないでしょうか?)
○納骨だけで石屋さんに墓に入れてもらうのに¥数万円かかります。
○健康保険加入者には、葬祭の補助が¥3万ほど出ます。(自治体によって額が異なる)
○年金未受給者は、保険料を納めた期間に応じて、¥数万~¥30万ほど出ます。
○公共料金等を払っていたのが故人の場合は、全部名義変更が必要となります。
このほか、たくさんあって、葬儀場から、数十ページに渡る、手続き関係が渡されました。
結論:
「先祖代々の墓」がない方は宗派の関係ない○○霊園をお勧めします。
(今から申し込みしておけば、いざという時に遺族が安心)
購入するときは、土地の価格だけ。
あとは毎年の「管理料」だけ。
これから毎回、かかるであろう、○回忌の僧侶への「布施」とか必要ありません。
(ちなみに僕の奥様のご両親の墓は高尾霊園なので、面倒が一切ありません--僕もそこに入る予定)
質問(スピリチュアル的に)
○戒名は、あなたに必要でしょうか?
 母の葬式の時に、僧侶は、母の本名を「俗名」と言っていました。
 母が「宇宙が本当の世界」と言っていたので「俗名」の意味は分かります。
 物質界の名前は「本当」ではないから。
 では、僧侶が決めた名前(戒名)が本物?
 そんなわけはない!
 母の戒名は、単に、住職の思いつき?
(本名の1文字をとって、なくなる直前まで頑張っていた、詩吟の賞状の1文字を組み合わせただけだから。
 じゃあ、僕の戒名はヨンソ・ミヌンをもじって「容素魅雲」あたりかな?
 そうやって、自分で戒名を決めても良いのです。
 そもそも「仏教徒」でない人が戒名って?
 「坊主丸儲け」に支配されないために、勉強しましょう。
 暴利をむさぼる坊さんは、仏教を知らないと思います。
 

2017年3月 2日 (木)

僕が母に教わったこと(6)

僕:もうすぐ49日だよ。

母:そっちの世界では時間があるからね。

そっちでは、もう49日か。

でもわたしは色々なことを教わって、たいぶ長い間、ここにいるように感じるんだよ。

49日の間にこれまでの人生を振り返っていたよ。

こっちには「時間」(の概念)がないからね。

わたしはもうすぐ宇宙になるんだよ。

僕:もう心で会話できないの?
母:私は宇宙になり、お前は宇宙の中に生きているんだから、会えない、なんてことはないよ。
僕:宇宙になると、これまでの人生の記憶は?
母:それは宇宙に記録されるんだよ。
(アカシック・レコードのことらしい)
宇宙は宇宙を経験したくて魂になったんだから。
これまでの人生の記憶を宇宙に預ける。
そして私は宇宙になるんだから、他の人の記録も見ることができる。
その中で自分の魂の記録を見ることが「過去世を見る」ということだね。
だから映画と同じ、って言ったんだよ。
僕:じゃあ、やっぱり輪廻転生はあるんでしょ?
母:宇宙が認めるまで、魂が成長していなければね。
(アセンデッド・マスターのことらしい)
僕:この前、「信じる人には輪廻転生がある」、と言っていたけど?
母:輪廻転生すら信じていないような魂のレベルの人は違う扱いになるかも知れないんだよ。なかなか生まれ変われないとか・・・・、詳しくはまだ教わっていない。
僕:49日のお供え物とか希望はないの?
 S(弟)は煎餅(おかき)とか言っていたけど。
母:何でも良いんだよ。
 気にしない。
 喜んで宇宙に送り出してくれれば。
 (物質界の)人生の卒業式だから。
僕:こっちに戻ってくることは?
母:それは宇宙が決めることだからね。
僕:宇宙って仏?
母:仏像じゃないよ。
  宇宙になった人だ。
僕:仏教以外の宗教は「仏」ってないもんね。
母:どんな宗教でも同じところに行くんだよ。
 人生の真実は一つなんだから。
 S(弟のこと)に言っておいてくれないか?
 毎日「お茶」をありがとう、って。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »