« 僕が母に教わったこと(5) | トップページ | 僕が母に教わったこと(7) »

2017年3月 2日 (木)

僕が母に教わったこと(6)

僕:もうすぐ49日だよ。

母:そっちの世界では時間があるからね。

そっちでは、もう49日か。

でもわたしは色々なことを教わって、たいぶ長い間、ここにいるように感じるんだよ。

49日の間にこれまでの人生を振り返っていたよ。

こっちには「時間」(の概念)がないからね。

わたしはもうすぐ宇宙になるんだよ。

僕:もう心で会話できないの?
母:私は宇宙になり、お前は宇宙の中に生きているんだから、会えない、なんてことはないよ。
僕:宇宙になると、これまでの人生の記憶は?
母:それは宇宙に記録されるんだよ。
(アカシック・レコードのことらしい)
宇宙は宇宙を経験したくて魂になったんだから。
これまでの人生の記憶を宇宙に預ける。
そして私は宇宙になるんだから、他の人の記録も見ることができる。
その中で自分の魂の記録を見ることが「過去世を見る」ということだね。
だから映画と同じ、って言ったんだよ。
僕:じゃあ、やっぱり輪廻転生はあるんでしょ?
母:宇宙が認めるまで、魂が成長していなければね。
(アセンデッド・マスターのことらしい)
僕:この前、「信じる人には輪廻転生がある」、と言っていたけど?
母:輪廻転生すら信じていないような魂のレベルの人は違う扱いになるかも知れないんだよ。なかなか生まれ変われないとか・・・・、詳しくはまだ教わっていない。
僕:49日のお供え物とか希望はないの?
 S(弟)は煎餅(おかき)とか言っていたけど。
母:何でも良いんだよ。
 気にしない。
 喜んで宇宙に送り出してくれれば。
 (物質界の)人生の卒業式だから。
僕:こっちに戻ってくることは?
母:それは宇宙が決めることだからね。
僕:宇宙って仏?
母:仏像じゃないよ。
  宇宙になった人だ。
僕:仏教以外の宗教は「仏」ってないもんね。
母:どんな宗教でも同じところに行くんだよ。
 人生の真実は一つなんだから。
 S(弟のこと)に言っておいてくれないか?
 毎日「お茶」をありがとう、って。

« 僕が母に教わったこと(5) | トップページ | 僕が母に教わったこと(7) »

霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/64960611

この記事へのトラックバック一覧です: 僕が母に教わったこと(6):

« 僕が母に教わったこと(5) | トップページ | 僕が母に教わったこと(7) »