« 書評:番外編(読書案内) | トップページ | 書評--小さな宇宙人 改訂版 »

2017年5月19日 (金)

書評--宇宙の暦は13ヵ月

宇宙の暦は13ヵ月
小原 大典  (著)
\1512 プレアデス出版
マヤ暦といえば、2012年が有名だが、
もとは13ヶ月×28日=364日
(+1日は曜日のない、「時間をはずした日)
これは現在のグレゴリオ暦と比べてはるかに合理的。
毎月1日と8日と・・・は必ず日曜日になる。
時間の概念もマヤのカレンダーを使えばスピリチュアルに近づけそう。
六曜(先勝・先負・大安・仏滅・赤口・友引)をカレンダーに入れている日本と外国では時間の概念が異なるように、マヤ暦を意識していれば、月や感情のリズム(バイオリズムでも28日)とも合うだろう。
これは新しい感覚になれるかも。
お勧め度★★★★☆
(ただし、僕はまだ一度しか読んでいないので、全部を理解していない)
関連サイト
http://www.kulika.com/
http://panlibrary.org/

« 書評:番外編(読書案内) | トップページ | 書評--小さな宇宙人 改訂版 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/65300785

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--宇宙の暦は13ヵ月 :

« 書評:番外編(読書案内) | トップページ | 書評--小さな宇宙人 改訂版 »