« 書評-- 心をほどく瞑想法 | トップページ | 書評--借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ »

2017年5月26日 (金)

書評--キラエル

キラエル―レムリアの叡智とヒーリング
フレッド・スターリング (著), 伯井アリナ (翻訳)
\2400 ナチュラルスピリット
アトランティスの前、レムリアの情報がありがたい。
ハイアーセルフの新たな見方もある。
「意識による創造の10の原理」(P134)
アセンションは必ず近いうちに起こる。(2012年発行だが、2012年とは言っていない)
読後感は、プレアデスとかアセンションとか、初めて読んだときの新しい世界の見方を得たような感覚。
他の本にはない新しい情報もあります。
天使の応援を受けましょう。
これは良書です。
お勧め度★★★★☆

« 書評-- 心をほどく瞑想法 | トップページ | 書評--借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/65330839

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--キラエル:

« 書評-- 心をほどく瞑想法 | トップページ | 書評--借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ »