« 書評--生きているだけで死にたくなるような世の中で生きていてもいいような気がしてくる119の名案 | トップページ | 書評--すべての出来事には理由がある »

2017年6月 2日 (金)

書評--宇宙にたった1つの神様の仕組み

ぜんぶ実験で確かめた 宇宙にたった1つの神様の仕組み(超☆わくわく)
飯島 秀行(テネモス国際環境研究会) (著)
\1800 ヒカルランド
すべては「空」
とか
すべては波動
とか
良いのだが、「全部実験で確かめた」という割には、あまり実験が紹介されていなくて、根拠があいまい。
というより、完全に独りよがりの文章で、説得力がない。
第二章の昔話の解説に至っては完全にこじつけ。
お勧め度★★★☆☆
それでも★3なのは、内容的には悪くないから。

« 書評--生きているだけで死にたくなるような世の中で生きていてもいいような気がしてくる119の名案 | トップページ | 書評--すべての出来事には理由がある »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/65360503

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--宇宙にたった1つの神様の仕組み:

« 書評--生きているだけで死にたくなるような世の中で生きていてもいいような気がしてくる119の名案 | トップページ | 書評--すべての出来事には理由がある »