« 書評--フナ 今すぐ成功するハワイの実践プログラム | トップページ | 書評--感謝のサンプル52 »

2017年6月 8日 (木)

書評--悟りってなあに?

悟りってなあに?
中西 研二  (著)
\1800 VOICE
悟りは得られるものではない。
ディクシャ(伝授のような儀式)で与えられるものだ。
というコンセプトのもと、著者がインドに渡り21日間のコースの体験と質疑応答を綴ったもの。
すべては1つである、という感覚を得られるようになったという。
魂は存在しない。
あなたは存在しない。
などスピリチュアルな教えもある。
ただ、2005年の発行の本なので、情報が古い。
2012年に向けて地球の段階が一つあがるとか、
検索してみると、取材協力のカルキセンタージャパンはなぜかなくなっているし、
指導者のアンマは2年ほど前に引退。
情報として役立つかどうかは不明なので
お勧め度:不明
著者は今でもディクシャをやっているようです。
著者のHP
http://joy-healing.jp/contents/joyhealing.html
参考URL
http://www.honmono-joho.com/leader/ooya/index.html
http://joy-healing.jp/event/20090609.html

« 書評--フナ 今すぐ成功するハワイの実践プログラム | トップページ | 書評--感謝のサンプル52 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/65385342

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--悟りってなあに? :

« 書評--フナ 今すぐ成功するハワイの実践プログラム | トップページ | 書評--感謝のサンプル52 »