« 書評--愛と心理療法 | トップページ | 書評--とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく »

2017年6月21日 (水)

書評--魔法の学校

エンリケ・バリオスの魔法の学校 (超知ライブラリー)
エンリケ・バリオス  (著), さいとう ひろみ (翻訳)
徳間書店
絶版で、今のところ中古が\1000程度。(今のうちに「買い」です)
著者は「アミ」で有名ですが、(これも勉強になりますが)僕はこの方が好きです。
これを読むのは3度目です。
魔法で人生は変わる。
その魔法とは「引き寄せの法則」「波動の法則」などの、全く違う説明バージョン。
あなたの宇宙で信じたことが実現する。
という「引き寄せの法則」を類書にない切り口で説明する。
「アミ小さな宇宙人」のシリーズ3部作もそうだけど、
著者は高い次元の宇宙から、何か教えてもらったのではないか、という気がします。
「引き寄せの法則」「成功哲学」で得られなかったものが得られます。
お勧め度★★★★☆

« 書評--愛と心理療法 | トップページ | 書評--とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/65441174

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--魔法の学校 :

« 書評--愛と心理療法 | トップページ | 書評--とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく »