« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月13日 (日)

書評--精神世界がわかる事典

精神世界がわかる事典―こころの不思議が見えてくる
北川 隆三郎  (著)
日本実業出版社 ¥1500
絶版だがamazonの中古が¥499-
タイトルのとおり、スピリチュアルだけでなく、心理学まで幅広く「精神世界」を紹介しています。
第10章に紹介されている「精神世界の巨人」は僕の知らない人物も複数いました。
アセンションから、風水、前世療法、チャクラ、ヒーリングなど幅広く紹介されていて、まさに「事典」です。
精神世界をざっと俯瞰するには、ちょうど良いのではないでしょうか?
お勧め度★★★★☆

書評--超巨大「宇宙文明」の真相

超巨大「宇宙文明」の真相―進化最高「カテゴリー9」の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な「外宇宙情報」
ミシェル デマルケ  (著),  ケイ・ミズモリ (翻訳)
\1728 徳間書店
カテゴリー9というのは非常に進化した星である、ということ。
地球はカテゴリー1.
地球が如何に遅れているのかわかる。
この本に書かれていること(他の星にいったこと)が真実かどうかは不明なのだが
著者はSFを書く力もないし、その必要もない、としている。
(僕は、半分以上の確率で真実だと思っているが)
内容的にはSFとして読んでも良し。
解説者は「竹内文書」との整合性を語り、真実だ、としている。
例えばキリストの墓は青森にある、と。
検索していたら動画を見つけたので貼り付けておこう。
https://www.youtube.com/watch?v=DUZoTUwRGRc
ただし、地球の歴史は以下のそれぞれの本が少しずつ食い違っている。
○プレアデス・ミッション
○プレアデス 人類と惑星の物語
○時を超える聖伝説―いま明かされる人類の魂の歴史/創世・レムリア・アトランティス 新しい次元へ
○エドガー・ケイシーのシリーズ
しかしながら、レムリア大陸やアトランティス大陸があったことやマルデック(火星と木星の間にあった星)が核戦争によって爆破して、今の小惑星帯になったこと、などは一致している。
歴史で学んだように、人類は猿から進化したのではない。他の星から、移住してきたのだ。
お勧め度★★★★☆(上記の本は全部お勧め)

2017年8月10日 (木)

書評--霊界案内

霊界案内: 永遠の命が輝く あなたが生まれてきた意味、帰る場所
きた よしお (著)
¥1500 徳間書店
著者は臨死体験のみでなくて、あの世の「班長」に招待されて、霊界を何度も見てきています。
地獄は1~3のレベルがあって、
地獄1の記述はなるほど、そうか、と。
霊界も1~3、その上が天上界ですね。
昔、スウェーデンボルグの書籍を読みましたが、同じような階層です。
物質的な人生はわずか数十年。
しかし、この数十年で、あの世に戻ったときの環境が決まってしまうのですから、しっかりと魂の向上をせねばなりません。
人生の目的は有名になったり、金儲けをしたり、勝ち組になったりすることではありません。
お勧め度★★★★☆
霊界の本を読んだことがない人にはお勧めです。
著者の別の本、
死帰 単行本 – 2015/4/11
が早くも絶版になっていて、値段が高いのでこの本を買いました。
レビューを読むと、重複している部分も多いようなので、こちらで充分でしょう。

書評--世界一カンタンな人生の変え方

自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方 (Sanctuary books)
高田晋一  (著)
\1300 サンクチュアリ出版
みんなが聞いたことある、自己啓発書、
「7つの習慣」
「人を動かす」
「ザ・シークレット」
などの50冊の紹介。
たくさんを読むのが大変なら、これを読んで、気になったものを
購入すればよろしいでしょう。
ということで、これでエッセンスを知ることができるので
お勧め度:★★★★☆

2017年8月 5日 (土)

書評--単純な脳、複雑な「私」

単純な脳、複雑な「私」
池谷裕二  (著)
\1700 朝日出版社
人間の「脳」の働きと最新の研究成果。
高校生相手の講義なのでわかりやすい。
脳が如何に騙されるのか?
自由意志というものは何か?
ひらめきと直感の違い。
高校での説明に用いる、様々な動画も作られていて
次のサイトで見ることができるので
http://www.asahipress.com/brain/
興味を持てたら読んでみてください。
お勧め度★★★☆☆

« 2017年7月 | トップページ