« 書評--精神世界がわかる事典 | トップページ | 書評--まじめな とんでもない世界 »

2017年8月20日 (日)

書評--悟りハンドブック

悟りハンドブック ― <私>を思い出すこと、それが悟りです! (覚醒ブックス)
ドルフィニスト篤 (著)
\1500 ナチュラルスピリット ¥1500
amazonの評価を読んで、また懲りずにこの関係を買ってしまいましたが、この本では悟れません。
「悟り」の説明がずっと続いているだけで、何も得られません。
「あなたは感情ではない」
当たり前。
それは僕も説明している。
「私は悲しい」
というのは
「私=悲しみ」
なので間違っている。
「あなたは思考ではありません」
それもそうなのです。
「私の考えは・・・です」と説明するときの「私は」と、観察する「私」が本当の「私」なのです。
そんな解りきったことを、本1冊を費やして説明している??
お勧め度:★★★☆☆
類書と同じで「悟り」は得られません。

« 書評--精神世界がわかる事典 | トップページ | 書評--まじめな とんでもない世界 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/65689112

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--悟りハンドブック:

« 書評--精神世界がわかる事典 | トップページ | 書評--まじめな とんでもない世界 »