« 書評--1年で全米記憶力チャンピオン | トップページ | 書評--「損する生き方」のススメ »

2018年6月19日 (火)

書評--悟りの哲学

悟りの哲学―「脳呼吸」で人生は変わる
李 承憲  (著, 原著), 真島 知秀 (翻訳)
ビジネス社
amazonの中古が¥1-
韓国系のスピリチュアルリーダー。
特に宗教くさくはない。
悟りが誰にでもできるものであることや、悟りによって、地球に平和をもたらす、などか書かれている。
で、このような本によくあるのは、セミナーの宣伝本であって、肝心の呼吸法はセミナーで教わりなさい、というケースかな?
と、思ったら、呼吸法は数ページにわたって書いてある。
で、どうせこういうのはセミナー料金が高いのだろうな、と思って
巻末にある「ダンセンター一覧」(ダンというのは丹田呼吸のことか?)の
検索をしても検索できない。
東京から九州まで数十箇所あるようなのだが。
ということで、そこから先は不明。
お勧め度:以上の理由により不明。

« 書評--1年で全米記憶力チャンピオン | トップページ | 書評--「損する生き方」のススメ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/66848125

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--悟りの哲学:

« 書評--1年で全米記憶力チャンピオン | トップページ | 書評--「損する生き方」のススメ »