« 書評--いやさか!(コミック) | トップページ | 書評--「感受性」を調整すれば もっと気楽に生きられる »

2018年6月 4日 (月)

書評--現代人のための「チベット死者の書」

現代人のための「チベット死者の書」
ロバート A.F.サーマン  (著), 鷲尾 翠 (翻訳)
朝日新聞社
絶版でamazonの中古が¥1728~
「チベット死者の書」は、昔、2種類ほど読んだ。
その頃は、大した印象はなかった。
この本は「現代人のため」と書かれているように、難解な仏教用語をなるべく避けて
できるだけわかりやすくなるよう工夫されている。
また、最初の方は「仏教入門」と言っても良く、これが格調高い文章なのです。
死後の世界に行った、1日目から順に、覚えておく心構えが並べられている。
「死者の書」ではこれ以上のものはないでしょう。
(原典は「死者の書」というタイトルではありませんが)
お勧め度:★★★★☆
中古も相当な高額のものも出品されており、今のうちに購入されることをお勧めします。

« 書評--いやさか!(コミック) | トップページ | 書評--「感受性」を調整すれば もっと気楽に生きられる »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/66793730

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--現代人のための「チベット死者の書」:

« 書評--いやさか!(コミック) | トップページ | 書評--「感受性」を調整すれば もっと気楽に生きられる »