その他

2016年11月17日 (木)

質問への回答(62)--これはスプリチュアルな質問ではないですが、人生そのものが、スピリチュアル?

Q、
今から甲種4類を勉強して間に合うでしょうか?
============
A。
間に合うかどうか、は
質問者様の記憶力・理解力・応用力などの個別差によるので、不明です。
ただ、1電工を取得している、ということで、電気の学力はある程度、推測できますので、時間的には(1日に何時間勉強するか、にも関係しますが)OKでしょう。
電線の条数(が私は難しかったですが)をクリアしているとすると
製図の問題は、感知器の設置場所+必要個数などになりますが、
これは、暗記ではどうにもなりません。
試験ごとに問題設定が異なるからです。
つまり法令の理解が必要となります。
どのような面積ではいくつ必要か?
そういう前提の理解があって、いくつ設置するか、ということになります。
このようなケースの場合に、いつも私がお勧めしているのはプロとしてのシミュレーションです。
あなたが甲4に合格した場合、消防設備4類のプロとしての仕事を任されることになります。
(建築や電気は施工管理技術者などの資格があってちょっと異なるのですが)
消防の場合の最高資格は甲種ですから、あなたは1級建築士などに、消防関係の設計の元を質問(依頼)されることになる可能性があります。
「私はビルを設計するので消防設備の担当をお願いします」
もう一度書きますが、甲種は建設業法からしても消防設備においては最高資格です。
10階建てのビルの消防設備の設置を任された、と想定してください。
つまり火報盤(には端子しかありません)からの、感知器への配線、防火扉が閉まったときや消火栓が動作したときの配線、など、全部を任されるのです。
(不具合の生じた際にはあなたに連絡がきます。「何とかしてくれ」と)
もちろん、資格取得はスタート段階ですから、それらすべてができるはずはありません。
しかし、それらに対応してできるようにしておく、というのが試験合格のコツです。
様々な現場のトラブルがあっても、解決できそうだ、という知識に至っている状況なら試験は合格です。
厳しいかも知れませんが、以上が、70以上の国家試験を受験してきた私が試験に合格するコツです。
キーワードとしては
「4類関係の消防設備は任せろ」
「このビルの消防設備は私が把握している--トラブルがあれば私に連絡しろ」
法律的には、甲種4類はそういう仕事を依頼されます。

2016年10月22日 (土)

質問への回答(61)

直接のコメントへの回答
==========
>Yeonsoさんがタロットカードを研究(?)されているとは、意外でおもわずコメントしました。
>日常どんなことに実際に活用されているのでしょうか。自分の今後の参考にぜひお聞かせ願いたくおもいます。よかったら、何かのついででもよいのでこのブログで書いてくれませんか?
この物質的なタイムラインにおいて、未来のことは不明です。
理論や現段階での見通しで正しいとは限りません。
たとえば、転職の歳にA社にするか、B社にするか、会社の状況や賃金・福利厚生だけでは見えない、例えば人間関係やその後の待遇など、知ることができないことがあります。
それらを知るための補助として、タロットは一つの目安になると思っています。
転職に限らず、身近な例で言えば、一泊旅行に行くのに、○月C日と○月D日のどちらが良いのか?(天気も関係します)
あるいは南のE温泉と北のF温泉のどちらが良いのか?(良い思いをするのか、そうでないのか?)
それらの疑問はいくら考えてもわかりません。
そこでタロットの登場となります。
(ちなみにウチの奥様の場合は、それらを決めるのはダウジングです)
>『死後の霊界』の実在、死後生について、Yeonsoさんがはっきり確信できたおススメ本が是非読みたく思います。
1980年頃から死後世界の説明本が出版されています。
(その前はエマニエル・スウェデンボルグの「私は霊界を見てきた」あるいは違う訳では「霊界漫遊記」あたりでしょうか?
その後、
「かいまみた死後の世界」レイモンド・ムーディ著
「輪廻転生」ジュディ・ラドン?
あたりから読み始め、
決定打は「前世療法」をはじめとするブライアン・ワイスでしょうか。
>30数年にわたり何十冊の霊界関連本を読み何人かの(自称)霊能者に面接してきましたが、ストーンと胸に落ちて納得したことがありませんでした。
>「けっきょく現実は、肉体の死イコールおのれの完全消滅・・・が現実なんだなあ」とただ空しさだけの、引退の日々。
>死後生(魂の実在)についてのYeonsoさん個人の推奨本がもしありましたら、これもなにかのおりに書いてくださったら助かります。
「人間」は肉体だけでなく、エーテル体・アストラル体・コーザル体で構成されています。
物質的な肉体を脱ぎ捨てても、他の3つは残ります。
(詳しくはルドルフ・シュタイナーの本をご覧ください)
別の説ではメンタル体を含めて5つというものもあります。
仏教でいう「カルマ」というのは輪廻転生を前提としたものです。
輪廻転生がなければ、悪人はバレなければどんなことをしても良いことになってしまいます。
それでは「宇宙の理(ことわり」あるいは「宇宙の法則」に反します。
この「宇宙の理」というのが難解ではないのですが、僕の場合、納得いくまではそれなりの本を読まねばなりませんでした。
それらの本は、僕のHP(最近、HPを引越しした)
http://yeonso.world.coocan.jp/bun3152.htm
に紹介してあります。
ざっと簡単に以上ですが、
また、質問がありましたお寄せください。

2016年10月 7日 (金)

質問への回答(60)

Q、もう56歳。就職できずに人生終わりか?
A、
年齢的に、仕事を選ぶ贅沢はできません。
就職できるまで、どんな仕事でも応募するしかないのです。
56才で、そこそこ募集があるのは
清掃・警備・タクシー運転手・設備・介護あたりです。
そのうち、設備は電気やボイラーなどの資格が必要。(私はこれでした)
タクシー運転手は1種免許を持っていれば会社側で2種免許を取得させてもらえる。
(ただし、深夜勤務などあり)
介護は介護初任者研修(旧ヘルパー2級:130時間の講習で取得可)
と考えると、清掃か警備ですね。
清掃はもちろん、トイレ清掃なども含む。
警備は、楽な現場は既に人が入っていて辞めませんから、厳しい(たとえば深夜勤務があるとか、真夏でも真冬でも雨でも、外で立っているような)現場の募集は、人が避けますから常にあります。
あなたに必要なこと。
「プライドを捨てる」こと。
質問に「大卒」と書かれていますが、そんな学歴は56歳の今、何の意味もありません。そこにまだプライドを捨てきれていないのを見てとれます。
「大学卒業してから合計7年間も働いていない」
と正直に面接にこぎつけた場合、言わないで(どうせ採用しても、また辞めるだろうと思われるので、働く気を見せるため)「アルバイトを繰り返していた」とか「恥ずかしながらフリーターでした」あたりにしてくださいね。
>これを受けいるるしかないのか。
拒否してどうする?という感じです。
これまでの過去は事実なので、受け入れるしかない。
しかし、これからの人生はあなた次第。
カネール・サンダースがフライドチキンを成功させたのは晩年ですよ。
ゴッホの絵が売れたのも同じくらい。
あなたの人生はこれから構築できます。
また、他の方が答えているように、生きるだけなら生活保護でいけます。
だから「プライドを捨てる」というわけです。
人生を拒否する必要はありません。

2016年9月29日 (木)

質問への回答(59)

Q、司法書士試験3年目不合格(28歳女性)です。
 周囲は結婚していくのに・・・・
僕は、司法書士試験でない(司法書士ほど難しくない)理系資格受験者だけれど、
1年目:不合格
2年目:不合格
で、3、4年目は諦めて、受験すらしていません。
5年目に考えました。
「このまま、一生、不合格という劣等感を背負って生きていくのか?
そういう生き方ができるのか?」
ここで、決意しました。
「合格するまで何年でも受験するしかない」
試験場で、教室を見渡します。
100人の受験者の教室だとして、「この教室の中で合格するのは3人」
そのために、他の受験生に負けないどんな努力をするか、です。
就寝・食事・入浴時間以外は全部勉強。
(トイレに入る時間は、トイレのドアに暗記項目を書いたものを貼っているので勉強時間)
僕の受験結果:やっと合格
あなたの花嫁道具は「司法書士合格のために頑張った努力」です。
これは一生の宝物です。
司法書士に合格する努力をできるのだから、
何かで頑張らねばならないときに、あなたはどんな努力でもできる。
3000時間以上の勉強が必要な司法書士に合格する能力があれば、料理能力なんて100時間で基本は身につくし、理想的な洗濯の仕方、なんて、本を2冊読めばOKです。
質問の書き込みによれば、あなたは合格と不合格のボーダーラインにいそうです。
だとすれば、司法書士レベル試験の合格と不合格の差は、そこで諦めるかどうか、だけでしょう。
花嫁道具は「司法書士試験合格証」。(何があっても諦めない精神力)
これを理解してくれる人と交際できるのが一番良いのではないでしょうか?

2016年9月28日 (水)

受験シリーズ(4)の4

受験シリーズ(4)の4
約1年ぶりの受験シリーズ。
昨年2級をゲットした心理学検定ですが、先月、再度受検してきました。
本日、結果到着。
結果:1級合格証ゲット!
今年は1ヶ月間、真面目に勉強して、3科目受験の3科目合格。
これで心理学の資格を持っている、と言えるでしょう。
ちなみに一緒に受験した奥様は2級ゲットです。

2016年9月20日 (火)

HP変更中

ここのところ、社会問題や経済、闇の支配者の本などを読んでいるので、スピリチュアル系の書評はアップしていないのですが、

先日、お伝えしたように、niftyのhomepageが9月末を持って廃止。(10数年継続したのに・・・僕のnifty歴はパソコン通信の時代から20年以上)
それに伴い、HPを引越ししています。
奥様がJIMDOが良いと、というので、試してみましたが、僕の階層のHPには向かないようです。
とりあえず、次のURLに引越し中。(細かなリンク関係はまだ整備中。)
引越し先は以下のとおりです。(リンク集も変更したので、リンクをクリックで見られます)
http://yeonso.world.coocan.jp/index.htm
9月29日を持って、旧HPはなくなります。
このブログのリンク集も変更しました。
しかし、まだまだおかしなところがありますのでご了承ください。
また、重要な間違いなど発見された方はご連絡ください。

2016年9月 9日 (金)

質問への回答(58)

しばらく書き込みしていませんでした。
いろいろな本を読んで、いるのですが・・・
============
製菓の専門学校や、調理の専門学校はムダですか?
お母様の希望は、何でしょう?
高卒で就職して欲しいのか、大学に進学して欲しいのか?
お母様の意見の中には願望もあると思います。
私の考えはこうです。
調理師免許も製菓衛生師も「名称独占資格」といいまして、資格を取得しても、「調理師」を名乗れるだけで、飲食店やパテシエになれないわけではありません。
1日の講習で取得できる「食品衛生責任者」を取得すれば飲食店やケーキ屋は開業できます。
そして、本気で飲食店やケーキ職人を目指しているなら、とっくに家族相手に料理なりケーキなりの試作品を作っているはずなのです。
それだけの過程があるならお母様も「この子は日本一の料理を作る可能性がある」と思って応援してくれるのだと思います。
それをしてこないで、(調理師の場合は1年の)専門学校に通うだけで飲食店で成功する、というのはないでしょう。
私は、ラーメン屋しか知りませんが、毎年3500件のラーメン屋が開業し、同じ数だけのラーメン屋がつぶれます。
だから、「ムダ。」とお母様は考えているのかも知れません。
そして調理師学校はいつでも行けますが、大学は今しか行けません。
もちろん、60歳を過ぎても法律的には入学できますが・・・・現実的には・・・
ということで、お母様の願望やらあなたへの心配も含んで、この質問だけでは何も答えが出ないのですが、先ほど書いたように「調理師」資格は飲食店を開業するには不要です。
そして、調理師資格は2年の経験があれば、専門学校に行かなくても国家試験合格で取得できるのです。
そこで、どうしても、専門学校に行きたいのに、お母様に反対されて、専門学校の学費を出してもらえないとしたら、昼間、働きながら、夜間の調理師学校なり製菓の学校に自分で費用を出して、通学してください。
ここが本気かどうかの境目です。
by 昼間働きながらの夜間大学卒

2016年8月23日 (火)

質問への回答(57)

Q、未成年で家を追い出されました。どうすれば?
A、
>どこか遠くにいきたい
あてもなく、遠くに行っても解決しません。
残金の無駄遣いです。
前の方の回答にあった「新幹線」は問題外です。
収入のない人は鈍行列車で移動です。
まず、すべきことは、ハローワークで、できれば住み込み型の仕事を見つけることです。(ハローワークはパソコンで仕事検索できます)
あるいは駅やコンビニにおいてある無料の求人情報誌で、「寮完備」などとなっている求人を探すことです。
運がよければ、町を歩いていて、「店員急募」のような張り紙があって、住むところの相談にも乗ってくれるかも知れませんが・・・
ともあれ、それには履歴書が必要になりますので、コンビニで履歴書を購入してください。
>これで一生いきる
というのは不可能です。
「働く」とか「仕事」などの言葉が全くないのが不思議なのですが、
>何十万
は、ネットカフェでしのいでも、数ヶ月でなくなります。
これが成人だと、就職が決まって、近くにワンルームのアパートを借りるのに最低10万はかかる、ので残しなさい、という風になるのですが、未成年ではその契約さえできません。
ということで、就職して生きていく、は上記の選択肢ですが、それ以外は
○ホームレスになる。--仲間が多そうな、青テントの多いところでは、「ベテラン」がアドバイスしてくれるでしょう。(必然的にトイレがある、大きめの公園や河川敷などです。)
アルミ缶を○kg集めれば○円になる、とか。(その方の縄張りを荒らさないように)
○完全にお金がなくなれば、福祉事務所に相談に行く。
 (明日からの生計が危ぶまれれば「緊急保護」という、措置をされて、少しは生きていけますーー就職活動も指導されますーー未成年なので保護者に連絡が行きます)
○実家に戻り、詫びる。
私は、あなたのご両親と同じ世代ですが、
>金はおろしてくれました
ということからすると、この金額でやっていけるかどうか、試してみろ、という「教育」だったのかも知れません。
ホームレスや餓死を避けたくて、真面目にやり直すならこれしかないです。

2016年7月 3日 (日)

質問への回答(56)

Q&A


Q 私は長女です。損ばかりしています。妹と比べると・・・・

A、私は長男ですが、同じようなものです。

母子家庭で貧しかったため、私は昼間の大学に行けずに働きながら夜間部大卒。(もちろん入学金などは自分で働いて支払い)。
弟は昼間の大学卒。おまけにヨーロッパに留学までしている。(もちろん、私が家に入れていた賃金の一部も入っている)
¥3000万の家を購入してローンの支払いは私。
約15年のローンの終わった今、その家は弟が住んで、私は別の家を購入し新たにローンを支払っている途中。
¥40万の着物で嘆いてはいけません。

今ならあなたも大学に進学できるでしょう?(夜間部でも通信教育でも)
親のせいにしている年齢ではありません。
自分の人生は自分で開拓するのです。

あなたが”長女”というマイナス面だけに目を向けているのは賛成できません。
長男・長女と言う立場は責任感も忍耐力も包容力も次女・次男以上に育っているはず。
「お姉ちゃんだから我慢しなさい」の世界です。
それが我々、長男・長女に生まれた宝だと思っています。

さて、私も親の年になって判ったことがあります。
親は自分の子どもが世界中の誰よりも幸せになってほしい。
(あなたも例外ではありません。)
あなたの成人式にも¥40万の着物を着させてあげたかった。
それ以上--¥100万かも知れない。
でも、その時の経済力ではできなかったのです。
心の中で謝るしかなかった。

そしてあなたが卒業し、働くようになって、教育費は妹一人の分だけになった。
だから、少しゆとりができた。
せめて妹だけは・・・って親の気持ち・・・あなたのことをないがしろにした訳ではないです。
口には出さないけれども、心の中であなたに謝っています。
「お前の時はしてあげられないでゴメンネ。貧乏くじ引かせてしまってゴメンネ。」
(口には出さなくてもそう思っています)
だからあなたなら何も言わなくても解ってくれるだろう、と妹さんに着物を買ってあげたのです。
(あなたの方が信頼されています)

実は、私たち、長男・長女には忘れてしまった最高のことがあります。
弟・妹が生まれて来るまでは、ご両親の100%の子どもへの愛情を独り占めしていた。

ご両親に不平不満を言わず、こらえてここで質問する。
優しい子に育ちましたね。
その優しさがあなたが100%ご両親から受け継いだものです。
優しさは人生で一番大切なもの--あなたの宝です。
ご両親に感謝しましょう。

2016年5月 3日 (火)

質問への回答(55) 許せない相手に対して

>引き寄せの法則を知って、実践できましたか。
最初から質問が間違っています。
「法則」は「実践」するものではありません。
あなたは道を歩くときに「万有引力の法則」を「実践」しますか?
電気をつける時に「オームの法則」を「実践」しますか?
お湯を沸かすときに「ボイル・シャルルの法則」を「実践」しますか?
「法則」ですから、どこでも、いかなる時でも働いているのです。
これまでのあなたの人生にも「引きよせの法則」はずっと働いてきています。
今のあなたの状況を引き寄せたのは過去のあなたです。
あなたには今、
>許せない相手
がいます。
ですので、宇宙は(サラとソロモンの話のように)許せない相手を、あなたの人生に送り続けてくれています。
>憎んでいる相手を許すには何が必要ですか?
以下のような引きよせの法則とはちょっと違う本を読むことが必要かと思われますが、本を読むのが嫌いでしたら、読まなくても良いです。
「ゆるし」のステップ―心がやすらぎで満たされる12の奇跡
ジャン モンブルケット
ゆるしのメッセージ―最高の自分をつかむために
くらなり ひろし
ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる
ジェラルド・G. ジャンポルスキー
ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない
ジェラルド・G. ジャンポルスキー
ゆるし―あなたの魂を癒す奇跡の力
アイリーン・R.ボリス=ダンチュンスタン、 佐藤志緒
人生を癒すゆるしのワーク2012/1/30
コリン・C. ティッピング、 ハートランド,ジェームズ
私は同じような悩みの方に
「あなたは嫌いな人を家に招待しますか?」と質問します。
もちろん、招待しませんよね?
だったら、頭の中でも家に連れてくる必要はありません。
思い浮かんだら、
「私の家にくることは拒否する」
「あなたのことなんて考えてあげない」
これだけです。
それでも嫌いな人から言われたことを頭の中でリピートしてしまうのですよね?
「1回、文句を言われたら100回リピート」
って、これは「引きよせの法則」の観点からも止めた方が良いです。
大切なあなたの個人的な時間に、その人を招待しないことです。
あなたの人生の大切な思いでの一面にその人を登場させないことです。
それでも考えてしまう?
では、その人を「人の気持ちを理解しようとしない子供」だと思いましょう。
あなたは5歳の子どもに「ダメな人だ」と言われても真に受けないでしょう?
その人は、精神的に子どもなのではありませんか?
人の気持ちを全く考えない自分勝手な人は、体は大人でも、精神的には子どもです。
子どもが言ったことは気にしませんよね?
別に、「精神病」というのがあります。
突然に意味不明のことを言い出したり、急に怒りの感情で発言する場合は、精神的な病の可能性があります。(詳しくは、統合失調症とか自律神経失調症とかで調べてみてください)
病気なのだから、仕方ない・・・ということで、そういう相手に遭った時は納得しました。あとは「あわれみ」しかない。
結論:あなたの人生から、その人を手放すのか、ずっと持っているのか?
手放したら、相手の不正を許すことになってしまう?
これが違う、というのは上で紹介した本に詳しく説明されています

より以前の記事一覧