その他

2018年2月 7日 (水)

憲法を護る(6)

第十二条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、
国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、
常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
自民党案
第十二条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、
国民の不断の努力により、保持されなければならない。
国民は、これを濫用してはならず、
自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、
常に公益及び公の秩序に反してはならない。
これで良いのでしょうか?
「自由及び権利には責任及び義務が伴う」
として、権利(基本的人権)には「責任及び義務が伴う」
となります。
つまり、自由でも権利でも、制限するよ、という但し書きとなっています。
自分の人権が制限される、という案に投票してしまって良いのでしょうか?
これはどう考えても、戦前の「治安維持法」の再来を見越しています。
政府の批判や天皇制に対して自由に発言したら
「自由及び権利には責任及び義務が伴う」
と、罰せられる法律です。
戦前には「不敬罪」という法律がありました。
権力を肯定する意見は「自由」
権力を否定する意見は取り締まる。
これ、自由そのものの意味が解っていないですよね。
民主主義も解っていないですよね?
だから、この原案を作った政党に「自由民主党」という名前がつけられているのです。

2018年2月 1日 (木)

憲法を護る(5)

病院に行く。診察料や薬代を払う。
これ、当然ですよね?
しかし、当然でない国があるのです。
(特にヨーロッパに多い)
日本の医療制度は、弱みにつけこんで、病人から金をむしりとるシステム。
これ、何かおかしいという感覚が無くされている。
保険のCMがあります。
万が一の入院の時には、入院保障がありますよ、と。
これも、別の言い方をすれば、国は何も保障してくれませんよ、という宣伝。
それが90%以上の人が当然の感覚になっている。
だから、医療費を無料にする、という政党へ投票しないのです。
(なお、日本医師会は自民党を応援しています)
憲法で保障されている「生存権」はどこへいったのでしょう?
同じく、繰り返されている宣伝に「北朝鮮の脅威」があります。
だから、攻撃されないように強い軍隊を持つ。
これを個人に当てはめてみると、人に襲われないように、丈夫な武器を持ち歩く、となります。
そんな生活で安心できるでしょうか?
北朝鮮に攻撃されないようにするには、友好関係を持てば良いだけ。
たとえば経済援助。
自衛隊予算5兆円の1/5とは言いません。
1/500でも100億円。
それを核開発に使われたらどうするんだ、という反論があるかも知れませんので
代案として、古着・中古自転車・中古自動車・古電気製品とかにしておきましょう。
リサイクルになりますからゴミも減りますし、近いからすぐに届けられます。
そうやって、援助してくれる国を攻撃したら、自国が困るのは明白なので、攻撃しません。
それが憲法の理想である「平和主義」というものではないでしょうか?

2018年1月31日 (水)

憲法を護る(4)

昔、社会の授業で習ったと思うが
(小学6年、中学3年、進学すれば高校でも)
日本国憲法の3大重要点は
○平和主義
○国民主権(天皇主権ではない)
○基本的人権の尊重
である。
この「憲法を護る」シリーズ(1)~(3)で
上記が全部否定されていることにお気づきだろうか?
自民党の改正案では
○平和主義は見せかけで、「国防軍」は持ってよいことになっている。
○国民主権でなくて天皇主権である。
○基本的人権の尊重を謳った97条の削除。
つまり、全くの戦前の憲法なのだ。
大日本国憲法のもとで、戦争が起き、日本全土の被害があった。
憲法改正投票で、自分の人権が侵される側に投票するのであろうか?
実は、投票するのである。
それというのも、根拠は
◇原発で苦しめられている福島住民が、長い間、原発を推進してきた自民党に投票する。
 (これが前回の衆議院の選挙結果)
◇消費税を批判している人が、消費税を推進している自民党に投票する。
◇生活保護費を5%削るという自民党に生活保護者が投票する。
どうしてこうなっているのか?
投票と政治を結びつかないような教科書を、教科書検定という制度によって、作ってきたからである。
だから我々の政治感覚は完全にマヒされ、時期をみた与党は、「国家の言いなりになる憲法にも気づかずに投票するだろう」と画策しているのである。
最近のマスコミは北朝鮮のミサイル問題だらけ。
ここにのみ焦点をあてて、9条を変えなければ国民を守れない、としている。
「国民」が守られたことなどない!
まして、戦前においては国民(臣民)は利用されただけである。
赤紙(徴兵礼状)が1枚来ただけで、戦争に行かなければならなかったのである。
特攻隊の例を見よ!
「天皇陛下万歳」と言いながら特攻していくのだ。
つまり国家の操り人形。
今の制度ではどうか?
たとえば税金。
25年前に消費税が登場するまでは、物品税や飲食税だった。
当時、
¥3万以上の貴金属の買い物をする金持ちからは税金(物品税)をとる。
\2500(だったか?)の高い食事をできる人からは飲食税を取る。
それ以外の人は無税。
一部の金持ちからの動き(もちろん金が動くのだが)もあっただろう。
それを収入僅かな生活保護者や年金生活者からも税金を取れるように変えたのが自民党なのだ。
そこに、上記の生活保護者や年金生活者が選挙の時に投票してしまうような感覚を、(教育によって)培ってきたのも自民党。
ある意味では自民党のやり方は非常に効を奏している。
60年~70年もそういうやり方を積み重ねてきたのだから。
私が街頭で、政治批判をしたら、逮捕されるだろう。(憲法で「言論の自由」が保障されているにもかかわらず)
しかし、右翼の宣伝カーは容認。
「自由」を奪おうとする「憲法改正案」に気づかない人々は投票してしまうかも知れない。
もしかすると、気づいても投票してしまうかも知れない。
例えば「表現の自由」自民党案を見てみよう
第二十一条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、
保障する。

前項の規定にかかわらず、
公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、
並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。
これを読むと社民党や希望の党だって危ないのです。
つまりこれは、戦前の「治安維持法」そのものである。
政府にとって都合の悪い人物は、拷問にかけられ、(最悪の場合は殺される、)というもの。
若い人でこの情報を知らない人には調べてもらいたい。
今のことで説明した方が解りやすいかな?
たとえばスマホ。
GPS機能がある、ということは、あなたがどこにいるか、全部監視されているのですよ、ということ。
それで、先に述べた「集会」に行けば”逮捕””拷問”です。
まさかそんな?
そう、政府はそうやって”徐々に”行いますから、いきなりはありません。
消費税も3%から出発しましたから。
様々な名目で税金というお金をまきあげ、さらに人権までまきあげる。
これが自民党の「憲法改正案」です。

2018年1月29日 (月)

憲法を護る(3)

憲法第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 
これをどう読めば自衛隊を認められるのか!
右翼でも言っている。
「どう読んでも自衛隊を持ってよいことにならないから憲法を変える必要がある」
しかし、政府は「前項の目的を達するため」には自衛隊はあってはならないが、
「前項の目的を達するため」でなければ自衛隊はあって良い、という解釈をこじつけている。
現在の憲法の元でも、なし崩し的に軍隊を持っているのに、
(日本の軍隊(自衛隊)の規模は、アメリカ、ロシア、中国に次いで世界4位。
https://ailovei.com/?p=60994より
「軍事費: 4兆1,600億円
兵役についている人数: 241,743人
戦車数: 678台
航空機数: 1,613機
攻撃ヘリコプター数: 119機」)
憲法を改悪したら、全く歯止めがきかない。
軍隊は必要ない。
たとえばコスタリカには軍隊は存在しないが侵略されたりしていない。
他国を攻撃しようと思えば、3・11のように人工地震を起こせば済むことだし、
HAARPのような気象兵器でも事足りる。
爆弾を原発に撃ち込めばその地域は壊滅だ。
それにも関わらず、軍隊を持つ目的とは?
それには武器を売って儲ける一握りの人間が存在するためでもあるし、戦争をしたい支配者が存在するためでもある。

2018年1月27日 (土)

憲法を護る(2)

日本国憲法
前文
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
政党やマスコミでは第9条を中心に批判を展開されているが、この前文も大切なのである。
「政府の行為によつて」起こった戦争であるから「再び戦争の惨禍が起ることのないやうに」この憲法を定めたのだ。
国民主権であるから、政府が勝手に戦争の方向に行ってはならないはずなのだが。
第十章 最高法規
〔基本的人権の由来特質〕
第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
自民党案ではこの97条をそっくり削除している。
いかに、基本的人権を踏みにじろうとしているのか、伺えるものである。
基本的人権を定めた第3章も、ところどころ、そういう意図が見え隠れする。
「憲法改正案」で検索して、自民党が何を画策しているのか、現行憲法と一度は対比してください。
何しろ、私たちの権利に関わることだし、私たちから自由を奪おうとしているのです。
憲法第1条なんか「天皇は元首」となってしまっています。つまり国民主権ではない、ということです。

2018年1月25日 (木)

憲法を護る

しばらくこのblogをサボっていたが、政治がとんでもない方向に向かっているので、緊急警告。
憲法が改悪されたらスピリチュアルどころではなくなるので。
たとえば
日本国憲法
第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない
第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
12条では一般国民は「不断の努力」のみであるが、
99条では、国会議員は「この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」となっている。
それを国会議員が平気で「憲法改正」というのは明らかに憲法違反である。
憲法は最高法規なので、違反することは許されない。
つまり、他の法律で定められた法律などと比べ物にならないくらい、違反してはいけないのである。
その憲法違反の議員を選挙で平気で選ぶように、戦後、長い期間にわたって、政治感覚が麻痺されているのは政権の教育が続けられたことにある。
※憲法9条に関しては、他でも伝えられているので後回し。
このシリーズはしばらく続きます。
なお、どうして現行の憲法ができたのか、は僕のHPにあります。(戦後の中1教科書「新しい憲法のはなし」全文)
憲法は日本で一番重要な法律ですので、読んでください。
http://yeonso.world.coocan.jp/edu6.htm

2017年10月 7日 (土)

ザ・シークレット

youtubeを検索していたら
ザ・シークレットの全編がアップされているのですね。
しかし、これは著作権法上、いつまでアップされているか不明です。
見たことない人はこの機会にご視聴ください。
https://www.youtube.com/watch?v=ZDK-TTbccSg
そして見たことない
ザ・メタ・シークレット
もいつのまにかアップされています。
https://www.youtube.com/watch?v=bekBnhZ-Q7Q
ついでに紹介しておきましょう。
引き寄せの法則の量子力学的証明
(結構説得力あります)
https://www.youtube.com/watch?v=cM-rBER2iEw

2016年11月17日 (木)

質問への回答(62)--これはスプリチュアルな質問ではないですが、人生そのものが、スピリチュアル?

Q、
今から甲種4類を勉強して間に合うでしょうか?
============
A。
間に合うかどうか、は
質問者様の記憶力・理解力・応用力などの個別差によるので、不明です。
ただ、1電工を取得している、ということで、電気の学力はある程度、推測できますので、時間的には(1日に何時間勉強するか、にも関係しますが)OKでしょう。
電線の条数(が私は難しかったですが)をクリアしているとすると
製図の問題は、感知器の設置場所+必要個数などになりますが、
これは、暗記ではどうにもなりません。
試験ごとに問題設定が異なるからです。
つまり法令の理解が必要となります。
どのような面積ではいくつ必要か?
そういう前提の理解があって、いくつ設置するか、ということになります。
このようなケースの場合に、いつも私がお勧めしているのはプロとしてのシミュレーションです。
あなたが甲4に合格した場合、消防設備4類のプロとしての仕事を任されることになります。
(建築や電気は施工管理技術者などの資格があってちょっと異なるのですが)
消防の場合の最高資格は甲種ですから、あなたは1級建築士などに、消防関係の設計の元を質問(依頼)されることになる可能性があります。
「私はビルを設計するので消防設備の担当をお願いします」
もう一度書きますが、甲種は建設業法からしても消防設備においては最高資格です。
10階建てのビルの消防設備の設置を任された、と想定してください。
つまり火報盤(には端子しかありません)からの、感知器への配線、防火扉が閉まったときや消火栓が動作したときの配線、など、全部を任されるのです。
(不具合の生じた際にはあなたに連絡がきます。「何とかしてくれ」と)
もちろん、資格取得はスタート段階ですから、それらすべてができるはずはありません。
しかし、それらに対応してできるようにしておく、というのが試験合格のコツです。
様々な現場のトラブルがあっても、解決できそうだ、という知識に至っている状況なら試験は合格です。
厳しいかも知れませんが、以上が、70以上の国家試験を受験してきた私が試験に合格するコツです。
キーワードとしては
「4類関係の消防設備は任せろ」
「このビルの消防設備は私が把握している--トラブルがあれば私に連絡しろ」
法律的には、甲種4類はそういう仕事を依頼されます。

2016年10月22日 (土)

質問への回答(61)

直接のコメントへの回答
==========
>Yeonsoさんがタロットカードを研究(?)されているとは、意外でおもわずコメントしました。
>日常どんなことに実際に活用されているのでしょうか。自分の今後の参考にぜひお聞かせ願いたくおもいます。よかったら、何かのついででもよいのでこのブログで書いてくれませんか?
この物質的なタイムラインにおいて、未来のことは不明です。
理論や現段階での見通しで正しいとは限りません。
たとえば、転職の歳にA社にするか、B社にするか、会社の状況や賃金・福利厚生だけでは見えない、例えば人間関係やその後の待遇など、知ることができないことがあります。
それらを知るための補助として、タロットは一つの目安になると思っています。
転職に限らず、身近な例で言えば、一泊旅行に行くのに、○月C日と○月D日のどちらが良いのか?(天気も関係します)
あるいは南のE温泉と北のF温泉のどちらが良いのか?(良い思いをするのか、そうでないのか?)
それらの疑問はいくら考えてもわかりません。
そこでタロットの登場となります。
(ちなみにウチの奥様の場合は、それらを決めるのはダウジングです)
>『死後の霊界』の実在、死後生について、Yeonsoさんがはっきり確信できたおススメ本が是非読みたく思います。
1980年頃から死後世界の説明本が出版されています。
(その前はエマニエル・スウェデンボルグの「私は霊界を見てきた」あるいは違う訳では「霊界漫遊記」あたりでしょうか?
その後、
「かいまみた死後の世界」レイモンド・ムーディ著
「輪廻転生」ジュディ・ラドン?
あたりから読み始め、
決定打は「前世療法」をはじめとするブライアン・ワイスでしょうか。
>30数年にわたり何十冊の霊界関連本を読み何人かの(自称)霊能者に面接してきましたが、ストーンと胸に落ちて納得したことがありませんでした。
>「けっきょく現実は、肉体の死イコールおのれの完全消滅・・・が現実なんだなあ」とただ空しさだけの、引退の日々。
>死後生(魂の実在)についてのYeonsoさん個人の推奨本がもしありましたら、これもなにかのおりに書いてくださったら助かります。
「人間」は肉体だけでなく、エーテル体・アストラル体・コーザル体で構成されています。
物質的な肉体を脱ぎ捨てても、他の3つは残ります。
(詳しくはルドルフ・シュタイナーの本をご覧ください)
別の説ではメンタル体を含めて5つというものもあります。
仏教でいう「カルマ」というのは輪廻転生を前提としたものです。
輪廻転生がなければ、悪人はバレなければどんなことをしても良いことになってしまいます。
それでは「宇宙の理(ことわり」あるいは「宇宙の法則」に反します。
この「宇宙の理」というのが難解ではないのですが、僕の場合、納得いくまではそれなりの本を読まねばなりませんでした。
それらの本は、僕のHP(最近、HPを引越しした)
http://yeonso.world.coocan.jp/bun3152.htm
に紹介してあります。
ざっと簡単に以上ですが、
また、質問がありましたお寄せください。

2016年10月 7日 (金)

質問への回答(60)

Q、もう56歳。就職できずに人生終わりか?
A、
年齢的に、仕事を選ぶ贅沢はできません。
就職できるまで、どんな仕事でも応募するしかないのです。
56才で、そこそこ募集があるのは
清掃・警備・タクシー運転手・設備・介護あたりです。
そのうち、設備は電気やボイラーなどの資格が必要。(私はこれでした)
タクシー運転手は1種免許を持っていれば会社側で2種免許を取得させてもらえる。
(ただし、深夜勤務などあり)
介護は介護初任者研修(旧ヘルパー2級:130時間の講習で取得可)
と考えると、清掃か警備ですね。
清掃はもちろん、トイレ清掃なども含む。
警備は、楽な現場は既に人が入っていて辞めませんから、厳しい(たとえば深夜勤務があるとか、真夏でも真冬でも雨でも、外で立っているような)現場の募集は、人が避けますから常にあります。
あなたに必要なこと。
「プライドを捨てる」こと。
質問に「大卒」と書かれていますが、そんな学歴は56歳の今、何の意味もありません。そこにまだプライドを捨てきれていないのを見てとれます。
「大学卒業してから合計7年間も働いていない」
と正直に面接にこぎつけた場合、言わないで(どうせ採用しても、また辞めるだろうと思われるので、働く気を見せるため)「アルバイトを繰り返していた」とか「恥ずかしながらフリーターでした」あたりにしてくださいね。
>これを受けいるるしかないのか。
拒否してどうする?という感じです。
これまでの過去は事実なので、受け入れるしかない。
しかし、これからの人生はあなた次第。
カネール・サンダースがフライドチキンを成功させたのは晩年ですよ。
ゴッホの絵が売れたのも同じくらい。
あなたの人生はこれから構築できます。
また、他の方が答えているように、生きるだけなら生活保護でいけます。
だから「プライドを捨てる」というわけです。
人生を拒否する必要はありません。

より以前の記事一覧